Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

抗年記

何も考えないで年を重ねるのは厭だなー、と

らぢお体操

本ブログのタイトルにふさわしい話題をひとつ。

ここ一年ばかりどうも体調がすぐれず、特に体の節々が痛くて、それが小さな悩みでした。朝起きた時に腰が痛い。床に座っていて立ち上がろうとするとすっといかず、3つほど段階をふまないとできない。常にぎっくり腰の予兆を感じ不安な状態、など、昔のおばあさんのイメージそのまま。世間からおばあさんと呼ばれるにはあと数十年もあるという年齢なのに、一体どうしたことか。年上のいとこに体の不調を訴えたところ、「こうじ酵素が良い」というので購入してみましたが、腸の調子は良くなったけれど、体の痛みには効果なし。(考えてみれば当たり前)。コンドロイチンとかグルコサミンのサプリかな、などと考え始めていたところ、会社の同僚から、「ラジオ体操やろう!」と誘われました。

誘われたといっても、ハンコ押すカードもっておててつないで運動場へ行くわけではなく、各自、自宅でやろうという話。さっそく初めて5日経過。なんと、二日目くらいから腰の不安が消えたのです。早過ぎるだろ、とツッコミを入れたいのは私も同様。でも、本当です。体をぐるーんと回すのや、腰をクイックイッとひねる運動が速攻で効いたようで。

ラジオ体操ってまじめに正しく行うと、体の普段使っていない部分を使うので、第一と第二を続けて2セット(第一、第二、第一、第二)やると、2ラウンド目では、結構息が上がります。そして、3日目に私は筋肉痛になりました。

ひさびさに感じる筋肉の痛み。私の場合は、下半身、特に太ももの外側とふくらはぎにきました。筋肉痛って、なんとなく、好きです。努力した証拠、のような感じがして。話はずれますが、口内炎の痛みも好きだなー。共通するところは、「数日経てば消える痛み」とわかっているところ。

閑話休題

数日遅れてラジオ体操を始めた同僚も、もう、「腰の痛みがなくなった」と喜んでいます。しばらく続けてみます。

Remove all ads